利休にたずねよ

 

こんにちわ!営業企画の中村です^^

 

私が今回紹介させていただくのは

 

「利休にたずねよ」という本です!

 

中村さん本

「利休にたずねよ」

山本兼一(著)

PHP文芸文庫

 

今冬、映画を公開するので知ってる人も

 

いらっしゃるかもしれません♪

 

直木賞も受賞した本なんですよ^0^

 

 

――言わずと知れた美の巨匠「利休」は

 

己の美学だけで時の権力者、豊臣秀吉に対峙し、

 

天下一の茶頭に昇り詰めるが、その鋭さゆえに、やがて

 

秀吉に切腹を命ぜられる。―――

 

 

天下一にまでになる情熱と

 

その情熱がどこから生まれたかを書いた作品です!

 

 

個人的には詫び寂びを言葉にするとこういう風になるのかぁ

 

と言葉の綴りが魅力的に感じました(´ワ`)

 

日本文化の奥深さも感じられる小説です♪