脱毛の基礎知識★

気になる脱毛。

エステとクリニックの脱毛って何が違うの?

脱毛をサロンに行って施術を受けている人は多いけど、

実は詳しく知らないこともいっぱいですよね・・・

今回は、脱毛についてお話していきます♪

 

脱毛クリニックや脱毛サロン、脱毛エステでは、色んな脱毛方法が・・・

 

どんな種類があるの?

●ニードル式

毛穴に電子針を通して、電気を流す。毛根を焼いて、毛が生えないようにする。

ただしこれは医療行為にあたるので、脱毛クリニックなどの医療機関でのみ、施術できます。

 

●レーザー式

レーザー光を肌の表面にあてる。黒色、または茶色に吸収されるレーザーを皮膚に当てると、

毛根や毛、周辺の組織にダメージを与え、脱毛することができる。これも医療行為にあたるので、脱毛クリニックなどの医療機関でのみ、施術できます。

 

●光脱毛

光脱毛の毛がなくなる仕組みはレーザー脱毛と同じで、黒色、または茶色に吸収されるレーザーを皮膚に当て、毛根や毛、周辺の組織にダメージを与え、脱毛することができる。

ただし、光脱毛の場合、レーザー式よりもパワーが弱いため、脱毛の効果も弱くなります。そのため、医療行為にあたらない範囲で施術することができます。

 

●ワックス式

脱毛用に開発されたワックスを肌に塗る。毛がワックスに接着し、これを引きはがすと、毛根から毛を取り除くことができる。

 

 一般的には、このような脱毛方法があります。

 

脱毛していい人・ダメな人ってあるの?

脱毛サロンや脱毛クリニックで脱毛する場合で、不明な場合は施術前に必ず相談してください。

 

  • 日焼けをしている人
  • 妊娠中の人
  • 入れ墨のある人
  • 脱毛したい箇所に傷あとがある人
  • 脱毛当日の前後10日以内に予防接種を受けた・受ける予定がある人
  • 薬を服用していて、事前に医師の承諾を得ていない人
  • 飲酒して12時間以内の人
  • 美容整形部位のある人
  • 色素細胞母斑(ほくろ・あざ)

など・・・

意外と禁止事項も多いので、脱毛前にはきちんとカウンセリングをすることが必要です。

 

 

脱毛後に必要なケアってあるの?

サロンではアフターケアとして、アイスノンのような冷却剤で冷却をしてくれたり、保湿剤を塗ってくれたりします。

脱毛のアフターケアは、「冷却」と「保湿」が重要です。

光脱毛やレーザー脱毛などを施した後は、お肌は熱を持ち、多少なりとも熱くなっている状態です。光脱毛の場合はそれほど熱を持つことはありませんが、医療機関で行われるレーザー脱毛は、出力が高いため、術後赤みを帯びるほど熱を持つことがあります。赤みを放っておくと炎症を起こすことがあるので、赤みが落ち着くまでよく冷やすようにします。

 

また、脱毛中は日焼けも厳禁!

 光脱毛もレーザー脱毛も、毛の色素であるメラニンに反応します。
メラニンはメラノサイトという細胞で作られるもので、紫外線の刺激を受けると、紫外線や活性酸素から身体を守るため、メラノサイトが活発に活動し始めます。
すると、メラニンが大量に作り出されてしまい、お肌が黒くなるのです。
そのため、光が毛ではなくお肌のメラニンに反応し、火傷を負ってしまう危険性があります。と同時に、光が反応する対象が分散されてしまうため、脱毛効果は半減。
十分な効果を得ることができません。
日焼けをしてしまうと施術中に痛みを伴い、火傷の危険性があることから、サロンに足を運んでも施術を断られる可能性もあります。

 

日焼けをするのなら、脱毛を全て終えてから!!!

 

きちんと注意事項を守れば、つるつる美肌になれる脱毛ケア★

お肌が安定する冬の間が特に脱毛にはおすすめの時期です♪