<本の紹介>壬生義士伝

 

いつもありがとうございます。広島営業所の蔵田です。

私の紹介する本は、『壬生義士伝』です。

 

死にたくないから人を斬る 新選組を題材にして、隊士の中で庶民の心を失わなかった吉村の生涯を、様々な登場人物の語りであぶりだされます。

 

この語りの流れはと思っていると、後で知りましたが『永遠の0』はこの本のオマージュだったんですね。百田さんも公言してるようです。そちらが好きな方も是非。

 

本音と建前の中で、生きる武士たち。守銭奴と馬鹿にされながら、妻子の為に忠を尽くす姿。涙無くしては読めません。

 

浅田次郎さんの作品は、どれも面白いです。これを読んだら『蒼穹の昴シリーズ』をオススメです(笑)。