<本の紹介>君の手がささやいている

私がご紹介させて頂くのは『君の手がささやいている』です。
0012573174ll
聴覚障害者のヒロインと健常者の夫との
出会い、結婚から出産までが描かれています。
家族とさまざまな障害、葛藤と向き合いながら生きる物語です。
 
人の幸せは、どう生まれてきたかで決まるんではなく、
どう生きているかで決まる
 
考えさせられますね。
心あったまるお話です。是非。
 
 
管理部 金谷
 

<本の紹介>だじゃれ日本一周

ご紹介させていただく本は

長谷川 義史 氏作の『だじゃれ日本一周』

cid_610b927d-3890-4bfd-b751-83b64395cab9

 

我が家には9歳になる娘と5ヶ月になる息子がいます。

なので絵本がたくさんあります。

そんな絵本の中でも週3回ぐらい寝る前に読んで聞かせている本がこれです。

都道府県がダジャレで紹介され地図を片手にその都道府県がどこにあるかを遊びながら学習してます。

今では私よりも地図を見て都道府県が言えるようになっています。

この長谷川 義史氏の絵本は他にもありほとんど揃っているぐらいオススメの方です。

遊び感覚で学習していくことって大切ですね。

ちなみに私の故郷長崎県と今住んでいる広島県は絵本を開いて隣同士

【わたしの おでこ ひろしまけん  広島県】

【はなのしたが ながさきけん 長崎県】です!

同年代のお子様がいらっしゃる方やプレゼントにをお考えの方是非一度手に取ってみてください。

福山営業所 石口

<本の紹介>流星の絆

こんにちは広島営業所 田中です。

今回ご紹介させていただくのは
私が大好きなドラマの原作本である
東野圭吾先生の作品 流星の絆です。

image1 image2


神奈川県・横須賀市にある洋食屋「アリアケ」の子供である功一、泰輔、静奈。家を抜け出し流星群を見に行きます。その夜中に3人の両親が何者かに刃物で殺害されます。
事件から14年が経ち、時効を迎えようとしていたとき洋食チェーンの御曹司である戸神行成をターゲットにした3人は、彼の父親・政行が両親が惨殺された時間に家から出てきた人物に似ていることに気付きます。店の名物であるハヤシライスの味から、政行が両親を殺害しレシピを盗んだと確信した3人は、行成に接近していきます。
3人の兄弟の絆、そして犯人は誰なのか
小説でもドラマでも目が離せない展開です。

読み終えた後はスッキリします!

<本の紹介>永遠のゼロ

今回ご紹介させて頂くのは永遠の0という作品です。

image1 image2

V6の岡田准一さんが主演で話題となった同タイトル映画の原作本となっています。

岡田さん演じた宮部久蔵は抜群の技量を持って太平洋戦争を戦い続けた零戦搭乗員で天才と呼ばれながらも実は海軍一の臆病者と言われていました。

家族との約束を果たす為、「家族のために生きて帰る」と言い続けたが彼が何故 特攻で自らの生命を落とすことになったのか。その真実を敗戦から60年たった時に孫の健太郎が死んだ祖父宮部久蔵がどんな人だったのか生涯を調べていく作品です。

戦争を題材にした小説となっていますが
戦争が過去にあった事実を忘れてはいけないということと
人はなんのために生きてなんのために死ぬのかものすごく考えさせられます。

本が苦手な方はまずは映画から見て頂けたらと思います。

 

広島営業所   中川雄貴

<本の紹介>水滸伝 全19巻

いつもありがとうございます 物流の蔵田です。

私が今回おススメする本は 北方謙三 水滸伝 全19巻

1

『十二世紀の中国、北宋末期。重税と暴政のために国は乱れ、民は困窮していた。その腐敗した政府を倒そうと、立ち上がった者たちがいた―。世直しへの強い志を胸に、漢たちは圧倒的な官軍に挑んでいく。地位を捨て、愛する者を失い、そして自らの命を懸けて闘う。』

という、誰でも一度は聞いたことある中国の古典を題材にしています。元々の水滸伝は読んだことありませんが・・・1巻を読み始めると物語の熱でぐいぐい引き込まれます。

108人の英雄が梁山泊に揃う事無く、次々に『志』の為に命を失います。その散り際がまた熱い。個人的には雷横の最後がやばい。

まずはこちら、読み終えると、楊令伝(全15巻)、岳飛伝(全17巻)が読みたくなるはずです。