<Adva図書館>やっぱり!「モノ」を売るな!「体験」を売れ!

978-4-408-10954-1

やっぱり!「モノ」を売るな!「体験」を売れ!

藤村正宏 著(フジムラマサヒロ)

 

お客さんがお店に来て「買う」ことを決めるまでの心理を分析し、

どんな伝え方が購買心理を動かすのかが示してある一冊です。

商品ではなく「体験」を売れ!ということの意味が

読むとよくわかります。

身近な例がたくさん登場し、

あっとゆう間に1冊読めてしまう内容♪

 

 

広島本社 小山 紗貴子

 

Adva図書館 「螺鈿迷宮」

螺鈿迷宮

作者 海堂 尊

 

253d5bfb

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療ミステリーでしたらこの作家。

 

テレビドラマや映画化もされてる人気医療ミステリー、チームバチスタ

 

きっかけは本が大好きな嫁からの紹介

 

活字が苦手な私でもサックと読んでしまうぐらいの面白さでした。

 

ドラマ化されておりドラマもすべて見ましたが、これは小説がおすすめです。

 

ドラマを見逃した方は是非本を!!

 

螺鈿迷宮 上

 

螺鈿迷宮 下

 

共に476円(税抜)

 

福山営業所 石口

 

『カラマーゾフの妹』

この『カラマーゾフの妹』は、
第58回江戸川乱歩賞受賞作です。
61an9UWUbsL
本屋でなタイトルに惹かれたのと帯に煽られて手に取ったのがきっかけですが・・・
ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」の13年後が舞台となっています。
随所にカラマーゾフの兄弟の説明があるので、話を忘れかけている私にも分かりやすかったです。
ただ、やっぱり詳細は覚えていないので、「カラマーゾフの兄弟」をもう一度読み返してみたくなりました。
広島本社管理部
亀井

「告白」

こんにちは!
アドバコーポレーション広島営業所インストラクター武藤です!

私が最近読んだ本。

少し前に映画化もされた湊かなえさんの「告白」です!

 

9784575236286

双葉文庫
著:湊かなえ 

きっかけは映画からだったのですが、映画の不気味さと繊細さとスケールの大きさに惹かれ、本にも興味を持ったのです!

少しグロテスクなミステリーなお話で、映画にはないいろんな立場からのお話も織り交ぜられ、おもしろくてどんどん読み進みあっという間に読み切れました!

武藤は社会派な映画とか本とか結構好きで、現代社会における問題が描かれているものに考えさせられます!なさそうでありそうな犯罪のお話とか♡

告白もそんな作品のひとつですね!

やはり映画よりも本のほうが詳細に描かれて、妄想力もかきたてられるので、おもしろい。ぜひ。

広島営業所 武藤

「麒麟の翼」

映画化もされた「麒麟の翼」。

著:東野圭吾

 

 

!cid_0F6D3790BFBB4B3D8DF64EB3A3C06792@advacorp

 

日本橋の欄干にもたれかかる男を巡査が目撃すると男の胸にはナイフが刺さっていた。

亡くなった男は何でそこまで歩いてきたのか、犯人扱いされる不審な男は本当に犯人なのか。

真犯人が存在するのか。推理しながらドキドキわくわくできるところが推理小説のおもしろいところ!

 

この本を読んで・・・どんな人でも過ちを犯し、嘘をつくことがあるということ。

その過ちとどう向き合っていくことが正しいのかということ、嘘は嘘でしか隠せないということ、いろんなことを考えることのできる本です。

東野さんの作品はやっぱり期待を裏切りませんでした(^^)

ぜひ、読んでみてください!

 

広島営業所インストラクター 福家